クレジットカードを使いすぎて支払が滞ってしまうと、個人信用情報に遅延情報が掲載されてしまいます。
そして滞納をしているクレジットカードが、急に使えなくなってしまうこともあります。
使った分の支払いがされていないので、これ以上使わせないとなってしまうのです。
クレジットカード会社は利用分が回収できないと損害となってしまいますので、当たり前の措置でもありますね。

クレジットカードの支払いができなくなってしまったら、そのままにしておくのは厳禁です。
放っておけばクレジットカード会社もそのうちあきらめるだろう・・・なんてことはありません。
クレジットカード会社の信頼を失ってしまうだけです。
支払いができないことをクレジットカード会社に連絡しておきましょう。
そのときはいつになったら支払えるかも伝えておいてください。
そうすると支払う意思があるのだと思われ、クレジットカードの利用停止は避けやすくなります。

クレジットカードが利用停止になると、社内ブラックになってしまうこともあります。
そのクレジットカード会社では要注意人物とされ、今後契約ができなくなってしまうのです。
同じ発行元のクレジットカードは、今後一切使えなくなってしまいます。