クレジットカードの支払いは、決済口座からの自動引落となります。
クレジットカードを使いすぎて請求額が口座残高を上回ってしまうと、引落ができません。

そうなるとクレジットカード会社から「支払ってください」といった電話が入ります。
再引落をしてくれるクレジットカードなら、その日までに口座に入金をしなければなりません。
再引落システムがないクレジットカードだと、振込用紙が送られてきてそれで支払うシステムになります。
これでも支払いがされないと、はがきなどでの督促が行われます。

クレジットカードの支払い遅延は、1週間程度であればまだ大きな問題とはなりません。
うっかり口座に入金するのを忘れてしまったというケースもありますので、短期間なら大目に見てくれるわけです(かといって、支払いが遅れても良いというわけではありません)。

しかし2か月、3か月とクレジットカードの支払が遅れてしまうと、個人信用情報に遅延情報が掲載されてしまいます。
これは俗にいうブラックの仲間入りです。
クレジットカードに新規入会したい、ローンを組みたいとなっても、審査に通らなくなってしまいます。
金融商品の利用はできなくなってしまいますので、返済が遅れないようにしなければなりません。