どうしてもクレジットカードの返済ができなくなってしまったとき、やることは自分の貯金がいくらあるか確認してみるということです。
もし貯金があれば、それを切り崩して返済にあてましょう。
クレジットカードの返済をするために、多いのはどこかの金融機関から借り入れをすることです。
しかしこの方法を取ってしまうと、借金をしていることに変わりはありません。
金利もかかってしまいますので、より返済額が大きくなってしまう可能性もあります。
そうするとその借金を返済するために、また別のところから借金をしなければならないという事態に追い込まれてしまいます。
これでは永遠に借金は続くということになってしまいます。

自分の貯金でクレジットカードの返済をしてしまえば、他に借金をする必要はありません。
よって金利が発生することもありません。
自分の貯金なら他の誰かに迷惑をかけるということもありませんね。
せっかくためた貯金がなくなってしまうのは悲しいですが、クレジットカードを返済できないほど使ってしまった自分が悪いのです。
貯金はまたすることができます。
一度キレイにクレジットカードの利用金額を完済をして、一から出直すつもりで頑張ってみてはいかがでしょうか。