まず始めに、この方法は本当に最終手段の一つとして考えておいてもらいたいです。
自分の力だけではどうしても使いすぎを抑えることができない、そんな方は誰かの力も借りなければ難しいでしょう。
ですが自分のこともコントロールできないのに金融会社からお金を借りて返済をやりくりするのは大変危険です。
最悪の場合、自己破産なんてことにもなりかねません。

そうならない為にも、まずはご家族や友人の方にお金を貸してもらいましょう。
ここで必ず注意して欲しいのは、これをしたら次はないと考えて行動することです。
つまり、毎回頭を下げれば簡単にお金を借りられるなんて思わないことです。
中でも同じ方に毎月のようにお金を借りようだなんて以ての外です。
これは利息がないだけで借金していることに変わりありません。
利息の代わりに信頼関係が大きく揺らぐことになります。
借金の話をしただけで見切りをつける方もいるでしょう、それも甘んじて受け入れる覚悟で頼み事をするしかありません。
元を正せは自分のせい、何を言われようと反論はできません。
そして貸してくれた方に対しては、その信頼を裏切らないように今後は必ず使い道を考えて行動することです。
当たり前ですが、借りたお金は必ず返していきます。
返さなくてもいい、なんて仏のような心を持った方もいらっしゃいますが、ここで甘えてしまっては成長できません。
自分の為に周りの為に、こんな事態に陥る前にクレジットカードの付き合い方を見直されることをおすすめします。