クレジットカードを使いすぎて、支払いがキツイ。
そんなときは消費者金融で現金を借りて、それをクレジットカードの支払いに充てれば良いという意見があります。
クレジットカードの支払が遅れると、強制的に使えなくなったり、個人信用情報に傷が付いたりします。
それよりキャッシングをした方が良いというわけですね。

これはとても良い案のように感じます。
消費者金融はクレジットカードよりは審査も通りやすく使いやすいです。
しかしあまりおすすめできる方法ではありません。
クレジットカードの支払いができても、消費者金融からの借金が増えています。
つまり借金の額は全く減っておらず、根本的な解決にはなっていないのです。

クレジットカードの支払いができない→消費者金融A社からキャッシングをする→A社が返済できなくB社から借りる→B社が返済できなくC社から借りる・・・。
このように借金に終わりがない状態になるのです。
多重債務に陥る可能性も高いでしょう。
多重債務になるともう債務整理や自己破産の選択しかなくなってしまうかもしれません。

キャッシングでクレジットカードの支払いをすれば良いとは、思わない方が良いでしょう。
クレジットカードを使いすぎず、支払いを滞らせないことが大切です。